当社製品・サービスでのInternet Explorer 11サポート終了について

Internet Explorerの開発元であるMicrosoft社のサポート終了に伴い、当社製品・サービスの動作環境を変更し、Internet Explorer 11を動作保証対象外(サポート終了)といたします。
何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

■対象製品・サービス
弊社提供中の全サービス
・安否確認サービス2(安否確認サービス2の動作環境)
・フォームブリッジ(フォームブリッジの動作環境)
・プリントクリエイター(プリントクリエイターの動作環境)
・kViewer(kViewerの動作環境)
・kMailer(kMailerの動作環境)
・データコレクト(データコレクトの動作環境)
・kBackup(kBackupの動作環境)

■動作保証対象外となるWebブラウザー
Internet Explorer 11

■動作環境変更日
2022年6月15日(水)

■変更による影響範囲と対策
動作環境変更日以降、対象サービス欄記載の各製品・サービスがInternet Explorer 11で正常に動作しない可能性がございます。また、Internet Explorer 11に関する各製品・サービスのお問い合わせも承れません。
Internet Explorer 11で対象サービス欄記載の各製品・サービスをご利用中のお客様は、動作環境変更日までに動作環境記載のブラウザーへの切替をお願いいたします。特に、多くのユーザーの方にご利用いただいている安否確認サービスや、フォームブリッジで外部からの情報入力、kViewerで外部へ情報公開している場合など、弊社サービスを社外の方とご利用になられている場合、対象となる方々への周知をいただければと存じます。

■動作環境変更の理由
下記ご参考記事のように、Microsoft社がInternet ExplorerからMicrosoft Edgeへの乗り換えを推奨されているため、Internet Explorer 11のご利用者数減少が予測されます。 また、Internet Explorer 11は新機能追加が終了しており、他のブラウザーと比較して、十分な品質で製品・サービスを提供することが難しい状況にあります。 このような背景から、最新のWeb技術を活用してより安全で快適な製品・サービスを迅速に提供していくため、今回の動作環境の変更を決定いたしました。引き続き、より安全に、より優れたユーザーインタフェースで当社製品・サービスをご利用いただけるよう、努めてまいります。

ご参考:本件に関連するMicrosoft社 Webサイト記事
Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了

■本件に関するお問い合わせ
本内容についてご不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。